みんなの夢占いガイダンスブログ : 2018/05/19


インキンタムシ(陰金田虫)というのは、
医学上では股部白癬という名称で、
カビの一種の白癬菌が股間や陰嚢(いんのう)、
臀部などの場所に感染してしまい、
寄生する感染症の事であり俗に言う水虫のことなのです。

患者が増えつつある逆流性食道炎は、
1週間くらいきちんと服薬すれば、
押しなべて8割〜9割の患者さんの自覚症状は無くなりますが、
かといって食道の粘膜の炎症そのものが完全に治ったわけではないので注意が必要です。

急に発症する急性腸炎(acute enteritis)は、
一般的には腹痛・悪心・腹下しの症状が出る程度で治まりますが、
細菌感染が原因の場合はひどい腹痛・ずっと続く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・下痢に加えて38度以上の高熱が出るのが特徴なのです。

「肝機能の悪化」については、血液検査項目のASTやALT、
γ-GTP(ガンマGTP)など3種類の数値で確認することができますが、
近頃肝機能が減衰している国民の数が徐々に増加傾向にあるとのことです。

「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、
身体のなかの脂肪が占有する度合いで、
「体脂肪率(パーセント) = 体脂肪量÷体重(body weight、
キロ)×100」という計算によって弾きだせます。

UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いという性質があり、
大気中にあるオゾン層で一部分が吸収されますが、
地上に届いたUV-B波は皮膚の表皮の内部で細胞のDNA(遺伝情報)を壊したりして、
肌に悪い影響をもたらすことになります。

V.D.は、Caが吸収されるのをサポートする事が知られていて、
血中のCa濃度を操作し、筋肉の機能を適切に調節したり、
骨を作り出してくれます。

体脂肪量(somatic fat volume)にさして変化がなく、
体重が食物摂取や排尿等によって一時的に増減するケースでは、
体重が増えた人は体脂肪率(body fat percentage、
percent of body fat)は下がり、
体重が減った人は体脂肪率が高くなるのです。

メタボであるとは言われていなかったとしても、
臓器の脂肪が多く蓄積してしまう型の悪い体重過多になってしまうことに縁って、
いろんな生活習慣病を招く可能性が高まります。

食事中は、食物をなんとなく口に運んで幾度か噛んで後は嚥下するだけだが、
その後も人体は実に律儀に動き続けて食物を体に取り入れるように努めているのだ。


アンケートタイムだ!葵ちゃんは アンケートタイムだ!葵ちゃんは

営業戦略 アンケートタイムだ!葵ちゃんは パソコン レジ わたしは「 」だと思う!ツイートすると、選択肢に合わせた さんの限定動画が届く! をフォロー&ツイートで、 が345名様に当たる!みんなも参加しよう!